セカンドオピニオンを受けることが普通になってきた

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療

ビル

セカンドオピニオンを受けることが普通になってきた

病院で医師から治療の説明を受けたが、それが自分に最適なのか不安と言う人もいるでしょう。
その場合、セカンドオピニオンを求めることです。
かつては、気を使うと言うことで、実際にセカンドオピニオンを受ける人は多くありませんでした。
しかし、最近は積極的に受けるべきと言う声が高まってきています。
セカンドオピニオンを推奨する医師もかなり増えてきました。
自分の体のことです。
誰に遠慮することもあります。
堂々と受けましょう。
セカンドオピニオンを受けたいときは、まず主治医にその旨を伝えます。
そして、セカンドオピニオンを聞く医師は、基本的に患者やその家族が見つけないといけません。
セカンドオピニオンの先が決定したら、主治医から診療データを書いてもらい、紹介状も書いてもらいます。
そして、セカンドオピニオンで得た結果は、主治医にきちんと報告しなくてはいけません。
それを報告した上で、今後の治療法についてもう一度相談します。

ビル